「千年の恋 ひかる源氏物語」の子役まとめ

吉永小百合さん主演の「千年の恋 ひかる源氏物語」。
美しい映像と豪華なキャストで源氏物語の世界を表現されています。

そのなかで三浦春馬さんが子役として出演されていたので、調べていましたら、

光源氏の少年期の役は女の子だったりして、色々と発見があって面白かったので、
他にもどんな子役の方が出演されていたのかまとめました。

特に紫の上の幼少期などは物語でも重要な場面ですし、映画の中でも可愛らしい女の子が出ていましたよ。

千年の恋 ひかる源氏物語に出てくる子役たち

光源氏(少年期)

 

山瀬朝生
(やませあさみ)
生年月日 1989年12月18日
出身地 東京都

てっきり男の子かと思ったら、女の子でした。
切れ長の目でお顔の整った綺麗な光源氏です。
現在は俳優としては活動なさっていないようです。

頭中将(とうのちゅうじょう)(少年期)

三浦春馬
(みうらはるま)

生年月日 1990年4月5日
出生地 茨城県
身長 178 cm
血液型 AB型

頭中将(とうのちゅうじょう)とは光源氏の親友で、葵の上のお兄さんです。

こちらの記事でも紹介しています

「千年の恋 ひかる源氏物語」に三浦春馬が出演してたって本当?!

紫の上(少女期)

斉藤 麻衣
(さいとう まい)

生年月日 1988年10月7日
出身地 愛知県西尾市
血液型 A型

光源氏が一目見て気に入ったというストーリー通りの色白の美少女です。
光源氏でなくとも、もしこんな子が学校にいたら、ひときわ目立って美しいので、好きになってしまうでしょう。

千年の恋 源氏物語に出演後もウルトラマンシリーズでドラマや映画に出て活躍されていましたね。

賢子(かたいこ)

前田 亜季
(まえだ あき)
生年月日 1985年7月11日
出生地 東京都

紫式部の娘である賢子(かたいこ)。紫式部の才能は受け継がれており、女房三十六歌仙に選ばれている。
百人一首にも58番目の歌で登場します。

前田亜季さんはテレビドラマや映画で、今でもしょっちゅうお見かけしますね!!
お姉さんは前田愛さんで、映画「バトルロワイヤル」などで姉妹共演もされているようです。

前田愛さんの夫は6代目中村勘九郎さんですね。


スポンサーリンク

彰子

水橋 貴己
(みずはし たかみ)
生年月日 1985年7月9日
出生地 東京都
血液型 B型

道長の娘、彰子。源氏物語で帝の興味をひいて、見事に帝の子を授かる、と映画の中ではなっていますが、実際には彰子は9年間も子どもを授からなったのです。一方、先に中宮となっていた定子の方には皇子が産まれました。

世間知らずの可愛いお姫様。という感じが出ていて、よかったですね!
現在は、芸能活動はなさっていないようです。

葵の上

奥田佳菜子
(おくだかなこ)
生年月日 1991年2月5日
出生地 東京都

光源氏の正妻。

現在は芸能活動はされていない様子です。

感想

前田亜季さんのことはよく見かけるなあと思っていましたが、お姉さんが前田愛さんだとか、前田愛さんが中村勘九郎さんと結婚されていたとか、知らなかった~( ゚Д゚)

三浦春馬さんや、前田亜季さんは今でも芸能界で頑張っておられますが、その他のみなさんも、きっと別の分野で輝いていらっしゃるのでしょうね!!


スポンサーリンク

コメントを残す