生田斗真主演映画「源氏物語 千年の謎」感想・内容

源氏物語をテーマにした映像作品はいろいろありますが、2011年に公開された生田斗真さん主演の「源氏物語 千年の謎」について、いろいろ書いてみました。

映画のいきなり始めから東山紀之さんが中谷美紀さんを追いかけ回しています~( ゚Д゚)

一体どんな内容なのでしょうか・・・

 

生田斗真主演 源氏物語 千年の謎の概要

 

実はこの作品には、源氏物語の中でも重要な登場人物である「紫の上」は出てきません。
あらら・・・(T_T)
というのもこちらのメインのお話しは紫式部さんなのです。
紫式部と藤原道長の恋からはじまり、源氏物語の世界と紫式部の世界が同時進行して時々共鳴していきます。
その世界を行き来しているのが、阿部晴明(窪塚洋介)です。
そして、六条御息所が伊勢に行く所で、紫式部も同じように道長のもとを去る、というところで終わります。

 

源氏物語 千年の謎のネタバレと感想


出典:源氏物語 千年の謎

紫式部編

藤原道長(東山紀之)が紫式部(中谷美紀)を寝殿造りの庭かな?で散歩中のところを、追いかけまわすという場面からはじまります(!?)

着物をズルズルとさせながら、中谷美紀さんが結構走っていて「あ、着物きていてもわりと走れるのね」とか思ってしまいました。

道長は人々を魅了する文章を書く紫式部に興味を持ちました。

娘である彰子(蓮佛美沙子)が帝に気に入られるために物語を書いて、帝を彰子のもとに引き留めようと考えていたのです。

帝も物語の続きが気になって、彰子を呼ぶ回数が増えそうです。

道長が手を出したことで、紫式部はもうすっかり心は道長のものとなってしまいました。これは推測ですが、もともと道長のことを好きだったという設定なのではないかな?(一応走って逃げたけど)

でも紫式部はとっても賢くて身の程をわきまえているので、当然、気持ちは押し隠しています。本当は「好きで好きでたまらな~い」状態になり、悩んで苦しみます。

源氏物語編

同時に源氏物語の世界の方も話しが始まります。
桐壺の更衣と藤壺の女御は真木よう子さんです。お綺麗ですね。

声が低くて顔もきりっとしているので、ちょっとかっこいい感じの藤壺さんになっています。

桐壺の更衣が一人勝ちで愛されて源氏の君を産む。そして心労で亡くなって藤壺の女御が入内する。その藤壺の女御を好きになってしまい、悩める光源氏(生田斗真)。

生田斗真さんの光源氏はなかなか見た目は美しくてよかったですが、最後まで印象が薄かったのはなぜだろう・・・?

ただフラフラと色んな女性と関係を持ったお兄さん、という感じの印象だったかも。

むしろ、弘徽殿の女御(室井滋)が憎たらしい不細工キャラになってて印象に残りました( ゚Д゚)なぜか一人だけ貴族の化粧してますからね。

儀式の最中にも居眠りしてるとか・・・。
帝の一番の妃ですよ。そんなわけないでしょう。とかつっこみながら笑えました。

葵の上(多部未華子)と結婚した光源氏。妻のこともかまわずに、次々と色んな女性のもとへ通います。

そんな中、知り合った年上の未亡人、田中麗奈さん演じる六条御息所がまた怖い!
田中麗奈さんて元気で可愛いイメージありましたけど、女の祟り。ぴったりでした。

ちょっと生霊のシーンはやっぱり映像化すると安っぽくて、違和感ありまくりでしたけど・・・。田中麗奈が空中に浮いたりして完全に古いホラー映画って感じでした。

このあたりから六条御息所の恋の苦しみと、紫式部の恋の苦しみが重なってきます。
紫式部はこの時代に生きた女性の苦しみを六条御息所で表現します。


スポンサーリンク

そして愛情が憎しみに変わっていく

表向きは一夫多妻制を受け入れて、慎ましくいつでも朗らかに男性を待っている女。
でも内心は「憎い~憎い~!光源氏~。私だけを見なさいよ~」

「あの女もこの女も全部うらめしい~」
メラメラのドロドロです。とり憑いてやる!!

という位、尋常ではない思いを秘めていたわけです。

平安時代の上流階級で言えば、やっぱり男に生まれた方が自由だし、通い婚で色んな女性のもとへ日替わりで楽しめるから楽しそうな気もします(男ゆえの苦労もあったでしょうが・・・)

女の方はというと待って待ってひたすら待って恨み言の一つも言えない(高貴な女性なので醜い所は見せたくない、もしくは見せないように教育されていただろう)なんて、ちょっと大変な時代だったのかもしれませんね。


出典:源氏物語 千年の謎

独り占めしたい。自分だけを見ていて欲しい。

紫式部も自分の中からそういう思いが出てきます。独占欲は清らかではない。邪なもの。と捉えて自分を責め続けるんですね。執着心ですね。

心の中では六条御息所くらい生霊となって、道長と道長の女をぐちゃぐちゃにしてやりたい!!と望んでいたので、六条御息所は紫式部の思い通りに夕顔や葵の上を呪い殺します。(あらあら、勝手に筆が動いちゃう~て感じで)

源氏物語の読み手はよりリアリティや惹きつけられる面白さを感じていたことでしょう。

そして、最終的には道長の近くにいては気持ちや欲望を抑えきれないと考え、道長のもとを去っていくわけです。そうです。六条御息所が光源氏のもとを去っていくように。

最後に

こちらの作品は内容的にもビジュアル的にも(ホラーなところが💦)六条御息所と紫式部が印象に残る映画でした。

でも宮中での儀式の映像はとても美しくて綺麗で見ごたえがありました!
そして綺麗なお顔の光源氏(生田斗真)や美しい女優の方々。衣装の美しさや風景も素晴らしかった!

ストーリー、内容はあまり感情移入できませんでしたが、今回は源氏物語ではなく、紫式部さんのお話しということで、まあよしです。
平安時代の高貴な方々の映像を見て楽しむって感じよかったですよ。


出典:源氏物語 千年の謎

 

出演者

光源氏(生田斗真)
藤壺中宮、桐壺更衣(真木よう子)
葵の上(多部未華子)
夕顔(芦名星)
六条御息所(田中麗奈)
桐壺帝(榎木孝明)
弘徽殿女御(室井滋)
王命婦(佐久間良子)
頭中将(尾上松也)
藤原惟光(若葉竜也)
左大臣(竹嶋康成)

紫式部 (中谷美紀)
藤原道長(東山紀之)
安倍晴明(窪塚洋介)
彰子(蓮佛美沙子)
藤原行成(甲本雅裕)
一条天皇(東儀秀樹)
藤原伊周(佐藤祐基)
式神(MariEri)


スポンサーリンク

コメントを残す